2019-06-28から1日間の記事一覧

『源太左衛門~真田六文戦記~』第六文銭(最終話):硝煙設楽ヶ原

天正三年五月二十一日、早朝― 朝靄(あさもや)の霧掛かむ設楽ヶ原(したらがはら)の草野に、源太は立つ。 ブヒヒィィン!! 騎馬の嘶(いなな)き。 手綱をグイと握り佇む様、精悍堂々たる武者振りよ。 精鋭武田が騎馬軍団は横列一帯に陣を成し、命運決す其の時…