三國無双8に登場する書物の一覧

 

~書物~

敵将撃破時のドロップやフィールドで採取できる素材(アイテム)のカテゴリの一つ。

山賊系、黄巾党残党、黒山衆、白波衆など頭上に「頭目・大頭目」の付いた敵を倒した時、確率でドロップする。

敵の武器スタイルによってドロップが変化する。

 

説明「とても希少な書物。用途は無い」

 

 

 

一級

金6000で売れる。

 

孫子兵法書

春秋時代の呉の名将・孫武兵法書

古今東西兵法書のうち最も著名な書物の一つ。

戦争の勝敗を天運や卜占(ぼくせん)に頼っていた時代に、徹底的な合理主義思考で勝利への指針を理論化した。

現存する最古のテキストは、魏の曹操が整理し再編したものである(『魏武注孫子』)。

中国兵法の代表的古典とされる七つの兵法書武経七書』の一つ。 

 

 

六韜(りくとう)

周の軍師・太公望呂尚兵学を伝える伝説的兵法書

後述の『三略』と併称される。

文韜・武韜・龍韜・虎韜・豹韜・犬韜の六篇から成る(「韜」は剣や弓を入れる袋の意)。

漢の軍師・張良が、黄石公という仙人から授けられたとする伝説で知られる。

武経七書』の一つ。

 


三略

太公望呂尚の兵法を、神仙の黄石公が選録したとされる伝説的兵書。

六韜』と併称される。

上略・中略・下略の三篇から成る。

老荘思想を基調に、国を治める大道から政略・戦略の道を論述した。

武経七書』の一つ。

 

 

墨子(ぼくし)

戦国時代の思想家・墨翟(ぼくてき)が説いた墨家思想を、弟子達が編纂したもの。

天下に平等の愛を唱える「兼愛」や、侵略戦争を否定する「非攻」など独自の思想を主張した。

 


韓非子

戦国時代の法家・韓非の著書。

法治主義思想の集大成として、権力と君主の一元化による治国を説いた。

秦の始皇帝に高く評価され、官僚国家創建の理論的支柱となる。

蜀漢諸葛亮が幼帝・劉禅の教材として献上している。

 

 

晏子春秋(あんししゅんじゅう)

春秋時代の斉の名宰相・晏嬰(あんえい)に関する言行録。

霊公、荘公、景公の三代に仕え、憚る事無く行った諫言についての説話や、当時の故事からの教訓が数多く収められている。

 


周書陰符

『太公陰符』または『黄帝陰符経』とも呼ばれる道教の経典の一つ。

伝説上の黄帝の作と伝わるが詳細は定かではない。

史記』や『戦国策』には兵法書であったとも記され、戦国時代の縦横家蘇秦がこれを読んだとされる。

 

 

春秋左氏伝

孔子の編纂と伝えられる歴史書『春秋』(「春秋時代」の名称はこの書を由来とする)の代表的な注釈書。

著者は魯の太史・左丘明とされる。

春秋三伝の一つ。

歴史的事象が淡々と記述される年表風の『春秋』本文に対し、詳しい解説を加える事で内容を補っている。

晋の杜預はこの左氏伝に注釈を施し『春秋経伝集解』を編纂した。

 

 

史記

漢の武帝の時代に司馬遷によって編纂された歴史書

中国の正史(「二十四史」)の第一に数えられる。

「本紀」「列伝」等から成る紀伝体の書で、伝説上の黄帝から前漢武帝までの範囲を叙述する。

歴代の史書の中でも最高の評価を得ており、顕著な歴史的・文学的価値を有する。

数多くの故事成語の出典ともなっている。

 

 

漢書

後漢の班固・班昭の兄妹らによって編纂された、紀伝体史書

前漢の成立から王莽政権までを叙述する。

史記』と並んで「二十四史」中の双璧と称される。

 


呂氏春秋

戦国時代の秦の相国・呂不韋が、三千人の食客を集めて共同編纂させた百科事典。

儒家道家・名家・法家・墨家・農家・陰陽家など諸学派の説を幅広く採用し、天文暦学や音楽理論、農学理論など自然科学に至るまで網羅した。

呂不韋はこの書の完成度を自慢し、一般公開して「一文字でも増やすか減らす事が出来た者には千金を与える」と公言した(一字千金)。

 

 

呉越春秋

後漢の趙曄(ちょうよう)が著した、春秋時代の呉と越の興亡に関する歴史書

史実に忠実と思えない文章も多いが、人物や情景の描写が巧みで詩歌に富んでおり、文学的に優れた書物と評される。

特に呉王・闔閭と夫差、越王・勾践に関する叙述が大半を占めている。

 


列女伝

前漢の劉向によって撰定された、女性の史伝を集めた歴史書

賢母烈婦の伝承・説話を「母儀」「賢明」「仁智」「貞順」「節義」「弁通」「孽嬖」の七目に分類し、神話時代から前漢まで百余人の逸話を叙述する。 

 

 

老子

春秋時代の思想家・老子の著作と伝わる書物。

老子道徳経』とも呼ばれる。

道家老荘思想聖典

根源的真理たる「道」と、あるがまま生きる「無為自然」を説く。

 

 

荘子

戦国時代の道家・荘周の著作と伝わる書物。

後世に『荘子南華真経』とも呼ばれる。

老子』と共に老荘思想道教聖典とされる。

徹頭徹尾「無為自然」を説いた。

三国志演義』では荘周が仙人となって南華老仙を名乗り、漢朝の腐敗に悩む張角に『太平要術の書』を授けたとされる。

 

 

論語

春秋時代の魯の思想家・孔子と、その弟子達の言行録。

儒教の経典「四書」の一つに数えられる。

古来最も重要視された必読の書の一つで、「仁」を中心とする儒家の思想が数多くの説話と共に語られている。

現存する最古のテキストは、魏の何晏(かあん)がまとめた『論語集解』とされる。

 


詩経

中国最古の詩篇

儒教の経典「五経」の一つ。

周代に歌われていた民謡や廟歌を孔子が編集したものと伝わる。

各地の民謡を集めた「風」、朝廷の音楽の歌詞「雅」、祭祀に用いた廟歌「頌(しょう)」の三篇から成る。

 

 

書経

中国古代の歴史書

伝説上の聖人・堯、舜から夏・殷・周王朝までの天子・諸侯の政治と言辞を記した書物。

儒教の経典「五経」の一つに数えられる。

尚書』とも呼ばれる。

古代の理想政治を叙述した史書として、儒家に重要視された。 

 

 

易経

古代中国の卜筮(ぼくぜい)や占術を集大成した書物。

儒教の経典「五経」の一つ。

周易』とも呼ばれる。

伝説上の伏羲(ふっき)が天の理を解して八卦を画し、 神農が八卦を重ねて六十四卦を作ったと伝わっている。

 

 

礼記(らいき)

儒家によって体系化された道徳的規範である「礼」をまとめた書物。

前漢の戴聖が編纂した。

儒教の経典「五経」の一つ。

儀礼の解説や音楽・政治・学問における礼の根本精神について述べられ重要視された。

魏の王粛が注釈を施している。

 

 

 

二級

金3000で売れる。 

 

 

呉子

戦国時代、魏・楚で活躍した将軍・呉起兵法書

武経七書の一つ。

古くから『孫子』と並び評され、「孫呉の武」として後世に多大な影響を及ぼした。

 

 

司馬法

春秋時代の斉の大司馬・田穰苴の兵法書

武経七書の一つ。

「将、軍に在っては君令も受けざる所有り」の名文で知られる。

 

 

尉繚子(うつりょうし)

戦国時代、秦王政に仕えた将軍・尉繚の兵法書

武経七書の一つ。

孫子』『呉子』と並んで古くから評価の高い兵書であったが、著者とされる尉繚の経歴や伝本の経緯には諸説ある。

軍政を説き、大義名分を重要視した。

 

 

孫臏兵法(そんぴんへいほう)

戦国時代の斉の軍師・孫臏の兵法書

従来『孫子兵法書』は孫武と孫臏どちらの著作であるか議論が分かれていたが、1972年、山東省で『孫臏兵法』が『孫子』とは別に発掘された。

 

 

魏公子兵法

戦国四君の一人、魏の信陵君の兵法書

軍才に優れた将であり、身分の別なく人を評価する信陵君のもとには多くの食客が集まった。

彼らのうち武威に優れた者が信陵君に献上した兵書が『魏公子兵法』と呼ばれている。

 

 

管子

春秋時代の斉の宰相・管仲思想書

管仲の著と伝わっているが実際の成立は戦国~漢代であると目される。

戦国時代、斉の稷下の学士達が管仲に仮託し、法家を中心に多様な思想や学説をまとめ上げたものと見られている。

 

 

商君書

 戦国時代の秦の法家・商鞅の著作と伝わる書物。

『商子』とも呼ばれる。

純粋な法家思想書として、法律の厳格な運用を主張した。

農業の振興と富国強兵を中心に、兵法についても述べられている。

 

 

塩鉄論

前漢の桓寛がまとめた経済政策に関する書物。

武帝の時代、財政政策として塩や鉄の専売・均輸法が制定されたが、その存続の是非を巡って儒者・官僚の間に激しい議論が沸き起こった。

桓寛はこれらの討論を記録し対話形式の書として編纂した。

 


戦国策

前漢の劉向の著。

戦国時代に各国で活躍した遊説の士(縦横家)の国策・献策、言説や逸話を編纂してまとめた書物。

戦国時代という名称はこの書が由来である。

 

 

考経伝

三国時代の呉の学者・厳畯(げんしゅん)の著。

詩経』『書経』『礼記』等を研究し、注釈した書物。

厳畯は有能な政治家でもあり、魯粛の後継者に指名されるが軍事の非才を理由に固辞し、呂蒙が後継となった。

 

 

 

 

【参考文献】

 ・『中国の思想 孫子呉子村山孚 徳間書店

・『新訂 孫子金谷治 岩波文庫

・『史記司馬遷 ちくま学芸文庫

・『春秋左氏伝』小倉芳彦 岩波文庫

・『論語金谷治 岩波文庫

・『中国の歴史』陳舜臣 講談社文庫

・『十八史略』竹内弘行 講談社学術文庫

・『正史 三国志陳寿 ちくま学芸文庫

三國無双未参戦武将大全③(他編)

 

三國無双に未参戦でPC化し得るのではないだろうかと思われる武将をまとめたメモ

※人選、順序、所属勢力は個人の考えです

 

 

【所感】

長年に渡り他勢力のキャラは一定で、全くと言っていいほど変化が無かった。しかし近年、陳宮や呂玲綺の参戦による呂布軍の充実、華雄袁術、董白らの参戦で一気に動きが生じている。

華雄クラスの存在が参戦できた実績は非常に大きい。これなら袁紹軍の顔良文醜はじめ、各勢力のトップ以外にも名のある武将には参戦の道が開かれたように感じる。

また袁術の参戦も、新たな独立勢力枠の参戦実績として大きな一手になったのでないだろうか。今後は馬騰や公孫讃、張魯などにも十分な可能性を見出せるように思う。

左慈のようにポツンと単独での参戦も有り得て、これには華佗や禰衡など個性的な人物が多い。

これら全てを鑑みるところ、他勢力の未参戦武将には枚挙に暇がない。 

 

 

 

 (黄巾党)

 

張梁(ちょうりょう)

張角張宝の弟。人公将軍。不思議な妖術で官軍を苦しめた

 

張宝

張角の弟、張梁の兄。地公将軍。不思議な妖術使い

 

 

 董卓軍)

 

李儒

董卓の軍師。冷酷で狡猾、極悪非道の謀略を駆使して董卓の恐怖政治を支える

 

李傕(りかく)

字は稚然。董卓の死後、呂布を破って長安を奪還した。漢室を掌握し一時は天下の覇権を得る。郭汜とは親友で、賈詡の元上司

 

郭汜(かくし)

字は阿多。剛勇の士。李傕と仲良しで共に行動する

 

徐栄

董卓軍の名将。反董卓連合との戦いでは李儒と共に曹操を破り、さらに孫堅の軍勢を撃破する武功を上げた

 

胡軫(こしん)

字は文才。武勇に秀でる将だが短気で人望は無い。陽人城の戦いで華雄と共に孫堅と交戦する

 

 

 

 呂布軍)

 

高順

清廉潔白、寡黙で威厳に満ちた武人。呂布への忠誠心が厚い。率いる部隊は「陥陣営」の異名を取る

 

魏続

呂布軍八健将の一人。呂布の縁戚で重用されるが、下邳城で宋憲・侯成らと共謀して裏切る。

 

曹性

呂布軍八健将の一人。勇戦し曹操を追い詰めるが、典韋に撃退される。夏候惇の眼を射抜いた人

 

 

 

 袁紹軍)

 

顔良

袁紹軍の勇士として文醜と並ぶ筆頭武将。白馬の戦いで関羽と戦う

 

文醜

顔良と並ぶ猛将。身の丈八尺の巨漢。延津の戦いで関羽と戦う

 

沮授(そじゅ)

袁紹軍の参謀。聡明な才智で権謀術策に秀でるが、献策をことごとく袁紹に無視された。官渡での敗戦を予見する

 

田豊

字は元皓。博学多才な優れた参謀。帝を擁すよう袁紹に献策するが却下され、官渡の敗戦を予見する

 

 

郭図(かくと)

字は公則。参謀として袁家に仕える。官渡での決戦戦略について沮授・田豊らと意見が対立した

 

許攸

字は子遠。袁紹軍の参謀。官渡の戦い曹操に寝返った。お金大好き

 

審配(しんぱい)

字は正南。忠烈なる慷慨の士。官渡では郭図と共に方針を見誤るが、衰亡する袁家に最期まで忠義を貫いた

 

逢紀(ほうき)

字は元図。袁紹旗上げから従う最古参の参謀。審配と仲が悪いが、讒言により窮地に陥った審配の無実を主張して懸命に弁護した

 

高覧

袁紹軍の勇将。許褚と一騎討ちで互角に渡り合う。官渡では郭図の讒言で粛清されそうになり、張郃と共に曹操に降った

 

 

袁譚(えんたん)

字は顕思。袁紹の子。袁煕袁尚の兄。袁紹が後継を指名せず没したので、父の死後、弟の袁尚と内紛を起こす

 

袁煕(えんき)

字は顕奕。袁紹の子、袁譚の弟、袁尚の兄。後継者争いに出馬せず、弟の袁尚を庇護する。甄姫の元夫

 

袁尚(えんしょう)

字は顕甫。袁紹の子。袁譚袁煕の弟。武勇に優れた美貌の若武者。増長し、兄達を差し置いて父の後継を欲したため内紛を招く

 

 

 

 (袁術軍)

 

紀霊

袁術軍の大将軍。三尖刀の達人で、関羽との一騎討ちで三十合渡り合う。袁術に忠義を尽くした

 

楊奉

白波賊出身の武将。はじめ李傕に仕え、後に独立。一時は献帝を保護するが曹操に叛逆し、落ち延びた先で袁術に仕えた。徐晃の元上司

 

馮方女(ふうほうじょ)

袁術の妻。運命に翻弄された悲劇の人

 

 

 (馬騰軍)

 

馬騰(ばとう)

字は寿成。西涼の豪族。子に馬超、馬休、馬鉄ら。朝廷への忠誠に燃える正義の人

 

韓遂

字は文約。涼州・関中軍閥の実力者。馬騰馬超の同盟者として共に曹操に対峙する

 

 

 (荊州劉表軍)

 

劉表

字は景升。堂々たる威風、漢室の流れを汲み、有徳の政治家として荊州を治めた。劉備を厚遇して新野を与える。曹操の南下を前に死去

 

蔡瑁

字は徳珪。妹が劉表の妻で、その子・劉琮を立てて台頭した。劉備暗殺計画を目論むが取り逃がす。のち曹操に降伏し、水軍都督として赤壁へ臨む

 

蒯越(かいえつ)

字は異度。深い智謀を有する名将で、曹操からもその能力を高く評価された。演義では蒯良の弟とされる

 

蒯良(かいりょう)

字は子柔。劉表に「仁愛と信義を以って民を治むべし」と進言した有徳の士。演義では蒯越の兄

 

黄祖

劉表配下の将。孫堅と戦い敗死させた。孫策孫権とも長らく交戦する。甘寧の元上司

 

 

 (益州劉璋軍)

 

劉璋

字は季玉。益州を治める群雄。配下に法正や黄権張任ら有能の将士が多く居たが、優柔不断で劉備の侵攻を招く。領民思いな良い面も評価される

 

張任(ちょうじん)

劉璋軍の名将。劉備の入蜀に抗戦し、落鳳坡で龐統を討つ。捕縛されるも投降を拒み、主君への忠義を貫いた

 

 

 

 (後漢

 

劉協

字は伯和。後漢献帝。聡明さ故に董卓によって擁立された。曹操の庇護を受ける

 

盧植

字は子幹。後漢の将。黄巾討伐で武功を挙げる。儒学者としても有名で、公孫讃・劉備らの学問の師

 

皇甫嵩(こうほすう)

字は義真。後漢末を代表する名将軍。黄巾討伐で大功を挙げ、清廉な人格で尊敬を集めた

 

何進(かしん)

字は遂高。漢室の外戚として台頭し大将軍まで昇る。張譲十常侍の跋扈を許してしまう。元豚肉屋の店主

 

何皇后(かこうごう)

後漢霊帝の皇后。何進の妹。劉弁(少帝)の母。私権増長のために陰謀を巡らし、十常侍の専横を許す

 

王允(おういん)

字は子師。王佐の才と評される後漢の司徒。董卓の専横を憂い、養女の貂蝉に連環の計を託す

 

孔融

字は文挙。孔子の末裔。英明の誉れ高く博学多才、後漢の臣として政務に当たる。曹操と仲が悪い

 

  

 (その他)

 

禰衡(でいこう)

太鼓の達人。並外れた才気を有する名士に違いないが、とにかく口が悪く、傲岸不遜で御しがたい人傑。徐晃は豚肉屋、満寵は酒粕屋が似合うと評した

 

管輅(かんろ)

字は公明。占星術の達人。卓越した卜占で数々の未来予知を行った。魯粛の死、劉備の漢中王即位、夏侯淵の死、司馬懿によるクーデターの成功など、事前の予測を的中させて人々を驚かせた。

 

 

公孫讃

字は伯圭。北方の勇将。武略に優れ、精兵を白馬に揃えた「白馬義従」を率いる。劉備とは旧知の学友。趙雲の元上司

 

張魯

字は公祺。五斗米道の教祖。宗教政権を樹立して漢中に君臨する

 

張繍(ちょうしゅう)

南陽を治める群雄。はじめ董卓の配下であったが、後に独立した。曹操に降伏して宛城に招く。賈詡の元上司

 

鄒氏(すうし)

張繍の叔母で、未亡人となる。宛城に招かれた曹操に見初められる 

 

張邈(ちょうばく)

字は孟卓。兗州に割拠する群雄。曹操袁紹とは親友のように仲が良かったが、後に疑心を抱く。陳宮の進言で兗州呂布を引き入れてしまう

 

劉繇(りゅうよう)

字は正礼。曲阿を本拠に揚州に割拠した群雄。孫策と交戦する。太史慈の元上司

 

笮融(さくゆう)

劉繇の配下の将。孫策に矢傷を負わせる。中国大陸における仏教布教の礎を築いた

 

厳白虎

自称・東呉の徳王。江東に旗上げした孫策と交戦する。

 

韓玄

荊州四郡・長沙太守。他の三太守と共に劉備軍に抵抗した。黄忠魏延の元上司

 

趙範

荊州四郡・桂陽太守。劉備軍に抵抗するが、大敗して降伏した。趙雲と義兄弟の契りを結び、兄嫁で未亡人の樊玉鳳を娶るよう勧める

 

金旋

字は元機。荊州四郡・武陵太守。他の三太守と共に劉備軍に抵抗するが、唯一戦死する

 

劉度

荊州四郡・零陵太守。他の三太守と共に劉備軍に抵抗する。邢道栄の上司

 

 

 司馬徽(しばき)

字は徳操。荊州の隠士。水鏡先生。諸葛亮龐統を伏龍・鳳雛と評す。徐庶の師

 

華佗

字は元化。伝説的名医。曹操関羽をはじめ三国武将の治療に活躍

 

 

樊玉鳳

桂陽太守・趙範の兄の未亡人。桂陽を得た趙雲に対し、趙範は樊玉鳳を娶るよう勧めるが、趙雲は義にもとるとしてあくまでこれを辞した。

 

趙娥(ちょうが)

魏の龐淯の母。非業の死を遂げた父の復讐を誓い、仇討ちに燃えた烈女

 

 

 

 (仙人の皆さん)

 

于吉(うきつ)

不思議な道術を操る仙人。民心の動揺を危険視した孫策に処刑される。それ以降、幻影となって孫策を苦しめる

 

 

 

 (南中の皆さん)

  

兀突骨(ごつとつこつ)

南中烏戈国の王。身の丈十二尺(約280cm)、全身を鱗で覆われている。生きた獣や蛇を食べる。刀も矢も通じない藤甲兵を率いて蜀軍を苦しめた

 

 

花鬘(かまん)

孟獲祝融の娘。母親譲りの武勇に優れる。三国志正史・演義に登場しない架空の人物で、京劇「龍鳳巾」の主役

 

 

 

 

※個人の考えです。

誤り、抜け漏れなど御座いましたら申し訳ありません。

こんな人もいるよ!とコメントを頂けましたら、恐れながら追記などもさせて頂きたいと考えています。

※現時点で書ききれなかったので追記予定!

 

【更新履歴】

・他勢力全体の所感を追加(2019.2/12) 

・樊玉鳳、何皇后、馮方女、趙娥、厳白虎、鄒氏、張繍を追加(2019.2/13) 

・劉繇、笮融、蒯越、蒯良、郭図、許攸、審配、逢紀、高覧、袁譚袁煕袁尚を追加(2019.2/14)

徐栄胡軫、魏続、曹性、張邈、管輅、韓玄趙範、金旋、劉度を追加(2019.2/15)

三國無双未参戦武将大全②(蜀晋編)

 

三國無双に未参戦でPC化し得るのではないだろうかと思われる武将をまとめたメモ

※人選、順序、所属勢力は個人の考えです

 

 

【所感】

近年の追加武将は関羽の子ら、張飛の親類がとても多い。彼らがシナリオに及ぼす影響はある程度一定であるが、一方でそれ以外の新武将、徐庶や法正らの存在感は非常に大きい。今後もそういった独自の動きが出来る新武将の追加は、蜀シナリオに新たなニュアンスを追加してくれるであろうと待望の思いである。

また諸葛亮没後の北伐についても、現状では層が薄く月英関銀屏らの比重が大きくなってしまっている。晋勢力の拡充にも伴い、それに敵対する時代の蜀将の追加は課題と考える。

 

 

 

馬謖(ばしょく)

字は幼常。並外れた才智で諸葛亮から高く評価された。

◎有力候補かと思われる。街亭の敗戦を大きく語られがちだが、諸葛亮の弟子、新世代の軍師としてキャラは立ちそう。劉禅于禁のように再評価して魅力的に描いてくれたら嬉しいし、蜀シナリオにも更なる悲劇を描かせてくれる

 

王平

字は子均。元魏軍の降将。蜀漢に忠勇を尽くし、歴戦を指揮した名将

(※演義では、徐晃と対立したため蜀に降った事になってる)

 

厳顔

益州劉璋軍の将。張飛の説得で劉備軍に投降した。黄忠と老将コンビを結成して活躍

 

馬良

字は季常。馬謖の兄。とても優秀な文官。「白眉」の異名を取る

 

廖化(りょうか)

字は元倹。関羽へのリスペクトが厚い。蜀漢滅亡まで戦い続けた

 

 

甘夫人

劉備の妻、劉禅の母。馬車に乗って、よく関羽に守られている人

 

糜夫人(びふじん)

麋竺の妹で、劉備の妻。長坂の戦いで趙雲に阿斗を託し、自らは井戸に身を投げた

 

糜竺(びじく)

字は子仲。温厚誠実な人柄のお金持ち。徐州で劉備に出会い、支援する

 

簡雍(かんよう)

字は憲和。劉備の同郷で、最古参の従者。おおらかでユーモラスな文官

 

孫乾(そんけん)

字は公祐。徐州時代から劉備に従う文官・外交官。簡雍らと共によく助言を行い、劉備軍を支える

 

 

雷銅

劉璋軍配下の将。劉備の入蜀に抵抗するが、敗れて降った。以後は張飛と共に漢中で張郃を破るなど、転戦して活躍

 

張松

字は子喬。劉璋に仕える才智の人。劉備の仁徳に惚れ込み、益州を治めてもらうよう法正や孟達と共に画策する

 

伊籍

字は機伯。元荊州劉表軍。劉表の死後は劉備に仕え、外交面で抜群の働きをする。馬良馬謖兄弟の推薦も行った

 

孟達

字は子度。元益州劉璋軍の将。法正と共に劉備に降る。関羽を見殺しにしてしまい、魏へ走る

(※演義では、徐晃を弓で射殺した事になってる)

 

沙摩柯(しゃまか)

胡王。異民族だが劉備に協力し、夷陵の戦いで活躍する。甘寧を討ち取った人。

 

黄権

字は公衡。元益州劉璋軍の将。賢人で先見の明があり、劉備に厚く信頼された。夷陵の大敗後、やむを得ず曹魏に降る

 

 

蒋琬(しょうえん)

字は公琰。諸葛亮の後を継いだ名宰相。劉禅を支え、姜維と共に北伐の再開を目論む

 

費禕(ひい)

字は文偉。蒋琬の後を継いだ蜀の名相。内政の充実を第一と捉え、姜維の北伐を諫めた

  

李厳

字は正方。元益州劉璋軍の名将。黄忠との一騎討ちで互角。劉備没後、諸葛亮と共に後事を託された

 

迷当

羌族の首領、迷当大王。姜維の北伐に呼応して魏を攻め、郭淮と交戦する

 

胡済(こせい)

字は偉度。初め諸葛亮に仕えて学び、後に将軍となった。姜維と共に段谷で鄧艾と戦う

 

張翼

字は伯恭。漢の張良の末裔。姜維の北伐には反対の立場にあったが、やると決まったからには従軍し、有能な将として最期まで共に戦った。

 

張嶷(ちょうぎ)

字は伯岐。南中遠征や北伐で活躍。晩年には重病の身ながら従軍し、智略で敵を討ち破る

 

馬忠

字は徳信。諸葛亮の下で北伐に従軍した。寛大で度量があり、民にも慕われた名将軍

 

 

諸葛氏

諸葛亮の姉。水鏡先生の兄であり龐統の叔父、龐徳公の子の妻。

 

王桃

盧塘塞の盗賊・王令公の娘。王悦の姉。関索の武勇に敗れ、従う。「花関索伝」に登場する架空の人物

 

王悦

盧塘塞の盗賊・王令公の娘。王桃の妹。関索に敗れ、姉と共に従う。「花関索伝」に登場する架空の人物

 

李氏

江油関の守将・馬邈の妻。鄧艾の侵略を受けて降伏した夫の情けなさを恥じた

 

習氏

龐統の弟・龐林の妻。戦乱で夫と離れ離れになるが、長年に渡り女手一つで幼い娘を育てた賢婦。

 

 

糜芳(びほう)

字は子方。糜竺の弟、糜夫人の兄。はじめ陶謙に仕え、次いで劉備軍の将として活躍する。関羽と仲が悪く、樊城の戦いで蜀を裏切り呉に寝返ってしまう

 

傅士仁(ふしじん)

字は君義。荊州の将として劉備に仕える。関羽と折り合いが悪く、樊城の戦いで裏切ってしまう。呉の虞翻と友達

 

黄皓(こうこう)

劉禅に仕える宦官。宮廷で権力を握り、私腹を肥やす佞臣として描かれる。姜維と仲が悪く、北伐の邪魔をした

 

 

 

 

 

 

【所感】

晋と言いつつ司馬一族以外のほとんどが魏将である。晋将の参戦が期待される。また終盤の呉シナリオ拡充との関連も想像に難くない。一方でそこまで時代が上がり過ぎると三国志としてのまとまりに困難が生じそう。司馬炎の帰趨も重要な課題となる。

三國無双において晋勢力の追加は革新的な試みで大成功したと思うが、今後どうなっていくのか楽しみ。

 

 

 

杜預(とよ)

字は元凱。極めて有能な学者・政治家であり、将軍。賈充、羊祜らと共に晋の覇業を支えた。軍事指揮は卓越しているが、運動音痴で弓馬のセンスは無い

 

羊祜(ようこ)

字は叔子。晋を代表する名将。辛憲英の甥で、司馬一族とも親戚。呉の陸抗とは敵ながら友誼を結ぶ

 

文虎

文欽の子、文鴦の弟。毌丘倹・文欽の乱で父に従い戦うが、戦後は兄と共に司馬師に降る

 

胡烈

字は玄武。魏将・胡遵の子。将として司馬一族の覇業を支え歴戦した。姜維鍾会の反乱を阻止した功績

 

司馬孚(しばふ)

字は叔達。司馬懿の弟、司馬師司馬昭の叔父。温厚寛達で誠実な人柄。正始政変などで活躍し兄の司馬懿を支えるが、終生あくまで魏の臣下を全うした

 

 

張昌蒲

鍾繇の妻、鍾会の母。聡明で謹厳な性格で、息子に誉れ高き英才教育を施した熱心な教育ママ

 

 

司馬炎

字は安世。司馬昭王元姫の長子。司馬昭を継いで晋王となり、魏から禅譲を受けて晋の初代皇帝となる。のち呉を滅ぼし天下を統一した。英明な君主であったが、統一後はめんどくさくなってやる気を失くす

 

賈南風

賈充の娘。司馬炎の子・司馬衷(晋二代皇帝)の皇后。敵対者を次々と粛清し、独裁政治を布いた。八王の乱で晋が衰退する一因を作る

 

司馬攸

字は大猷。司馬昭王元姫の子で、司馬炎の弟。賈充の後を継ぎ司空となる。司馬師男児がいないため猶子となっていたが、それが原因で司馬炎と揉める

 

 

張華

字は茂先。漢の張良の末裔。司馬炎に仕えた名臣で、王佐の才と評された。杜預、羊祜と共に呉征伐に臨む

 

蒋班(しょうはん)

諸葛誕に仕える武将。寿春城における諸葛誕の乱で、籠城の不利を説くが容れられず、焦彝と共に司馬昭に降った

 

焦彝(しょうい)

諸葛誕軍の将。寿春で早期決戦を主張するが、逆に諸葛誕に殺されそうになったため蒋班と共に司馬昭に降る

 

辛敞(しんしょう)

字は泰雍。辛憲英の弟。曹爽に仕えている時、司馬懿がクーデターを起こす。己の進退を姉に相談する

 

 

王基

字は伯輿。才智に長けた学者・政治家。適確な判断で采配を振るった名将でもあり、司馬一族の指揮下で転戦した

 

石苞

字は仲容。司馬一族のもとで活躍した忠臣。対呉戦線で数々の武功を上げた。鄧艾とは同い年で旧知の間柄




 

※個人の考えです。

誤り、抜け漏れなど御座いましたら申し訳ありません。

こんな人もいるよ!とコメントを頂けましたら、恐れながら追記などもさせて頂きたいと考えています。

 

 ③(他編)へ続く

 

 

【更新履歴】

・文欽、毌丘倹、王凌、何晏、夏侯玄を晋から魏に移動(2019.2/12)

・勢力毎の所感を追加(2019.2/12)

・蜀に諸葛氏、王桃、王悦、李氏、糜芳傅士仁、習氏、黄皓を追加(2019.2/13)

・晋に蒋班、焦彝、辛敞を追加(2019.2/13)

・蜀に孫乾雷銅張松、伊籍を追加(2019.2/20)

・晋に王基、石苞を追加(2019.2/13)

三國無双未参戦武将大全①(魏呉編)

 

三國無双に未参戦でPC化し得るのではないだろうかと思われる武将をまとめたメモ

※人選、順序、所属勢力は個人の考えです。

 

 

 

【所感】

近年の追加武将では特に軍師の充実にすごく勢いがある。また于禁楽進、李典といった手堅いメンバーも順当にPC化しており、シナリオに一層の厚みを増してくれている。一方で後期の武将が晋に流れるため、物語を拡大するようなキャラの参戦は薄い。

今後の方針として、晋に対立する曹爽など後期の魏将を参戦させるか、または曹操時代の未参戦武将をさらに充足させていくか。物語前半は特に他の勢力に比べて層に厚みがすごくあるため、バランスを鑑みても、どちらに舵を切るかは課題と思われる。また曹操の家族が曹丕しかいないので、曹植や卞皇后あたり皇族の拡充も考えられる。

 

 

 

曹洪

字は子廉。曹操の従弟。曹魏三代に仕えた歴戦の名将。お金大好き

◎最初期から付き従う古参の将で、出番が非常に多い。最有力候補か。無双8ではモブ武将ながらあらゆる場面に登場し、活躍を見せた。お金大好きをどうキャラ付けするのか楽しみ

 

文聘(ぶんぺい)

字は仲業。元荊州劉表軍の名将。亡主への忠義を曹操に讃えられた。対呉戦線で活躍

◎手堅い名将タイプ。よく名前見る

 

臧覇(ぞうは)

字は宣高。元呂布軍の降将。曹魏三代に仕え、仁義を通して歴戦で武功を挙げる

◎無双ブラストでのビジュアルが人気。呂布軍の拡充にも繋がる

 

朱霊

字は文博。元袁紹軍の降将。曹魏三代に仕えて戦い抜いた名将。その功績は徐晃に次ぐ

袁紹軍の拡充にも繋がる。曹操から気に入られてない不憫な感じをどう表現するか

 

程昱(ていいく)

字は仲徳。魏軍師。おじいちゃん。身長191cm、策略が得意

◎イケメン揃いの魏軍師チームにおじいちゃんを投入したらどんな化学反応が起きるのだろう

 

 

 

曹植

字は子建。曹操の子、曹丕の弟。詩歌芸術に秀でた天才肌。後継者争いで曹丕と揉める

◎皇族の中では最有力か。

 

卞氏(べんし)

曹操の妻。曹丕曹植らの母。思慮深く節度を重んじた良妻賢母

 

曹彰

字は子文。曹操の子、曹丕の弟で曹植の兄。ゴリゴリマッチョタイプ、武勇に優れた猛将

 

曹昴(そうこう)

字は子脩。曹操の長子であったが、宛城の戦いで戦死する

 

曹安民

曹操の甥。宛城の戦いで、曹昂典韋と共に戦死する

 

曹節

曹操の娘、曹丕の妹。後漢献帝に嫁いだ。兄・曹丕に玉璽を投げつけた豪腕

 

 

鍾繇(しょうよう)

字は元常。曹操の下で関中統治に功があり、魏の重臣となる。書家として名高く「鍾繇体」という字体を残した。英才の誉れ高き鍾会の父

 

李通

字は文達。曹操に忠節を尽くした侠将。赤壁大戦後、江陵で苦境に陥る曹仁を助けた。

 

呂虔(りょけん)

字は子恪。曹魏三代に仕え、長年に渡り善政を布いて徐州を良く治めた。

 

曹真

字は子丹。曹操の甥、曹爽の父。曹魏三代に仕え、諸葛亮の北伐を幾度にも渡って良く防いだ。演義では司馬懿に武功を奪われがち

 

 

曹叡

字は元仲。曹丕甄姫の長子、魏の二代皇帝・明帝。治世下で司馬懿が権勢を強める中、若くして崩御する

 

曹爽

字は昭伯。曹真の子。魏の大将軍まで昇るが司馬懿と対立し、高平陵の変(正始政変)で失脚

 

文欽

字は仲若。文鴦と文虎の父。曹爽と近しく、魏将として台頭する。司馬師に背いて毌丘倹と共に乱を起こすが敗れ、呉に亡命。諸葛誕とも仲が悪い

 

毌丘倹(かんきゅうけん)

字は仲恭。魏帝曹叡の代から活躍した。公孫淵討伐や呉討伐を指揮するが、戦果は芳しくない。司馬一族と対立し、文欽と共に叛乱を起こす

 

王凌

字は彦雲。優れた領国統治の才を持つ魏臣。満寵と仲が悪い。司馬一族と対立する。妹は郭淮の妻

 

何晏(かあん)

字は平叔。何進の孫で、曹操の養子として育った。文芸学問に多大な功績を残すが、曹爽と近しく司馬懿と対立する。とてもナルシスト

 

夏侯玄

字は泰初。夏侯尚の子。曹爽の親類で、何晏と並ぶ側近。一方で司馬師とも親交がある

 

曹髦(そうぼう)

字は彦士。曹丕の孫、魏の四代皇帝。鍾会に「武勇は曹操の再来」と評される。司馬昭の専横に危機感を募らせて対立する

 

 

王朗

字は景興。元会稽太守だが孫策に敗れ、後に曹魏に仕えて内政に尽力した。孫は王元姫

 

劉曄(りゅうよう)

字は子陽。曹魏三代に仕える参謀として、数々の献策を行った。攻城兵器の設計が得意

 

賈逵(かき)

字は梁道。賈充の父。曹操に才を見出され、魏の臣として活躍した。石亭では曹休の窮地を救う

 

田豫(でんよ)

字は国譲。公孫讃に仕えていたが、のち曹魏に帰服する。特に異民族討伐と統治に抜群の功があった。

 

郝昭(かくしょう)

字は伯道。曹魏三代に仕えた名将。陳倉城の戦いでは寡兵ながら専守防衛に徹し、諸葛亮を撃退した。

 

 

崔氏

曹植の妻。曹操に仕えた崔琰の姪。崔琰は姪の崔氏が曹植に嫁いだにもかかわらず、私情を捨てて曹操の後継には年長の曹丕を立てるべしと推した

 

王経

字は彦緯。農民の出身だが、才能を見出され大臣となった。司馬昭の専横に堪えかねた四代皇帝・曹髦がクーデターを画策した際、その無謀を諫める

 

馬遵(ばじゅん)

天水太守。姜維の元上司。諸葛亮の北伐を受けて、郭淮に従い抗戦した

 

 

丁夫人(ていふじん)

曹操の妻。子宝に恵まれず、実子でないものの曹昂を溺愛して育て親となる。しかし宛城で曹昂が戦死し、悲嘆に暮れる

 

曹純

字は子和。曹仁の弟。曹操の精鋭騎兵隊「虎豹騎」の指揮官に抜擢された勇将 

 

夏侯恩

字は子雲。夏侯一族の将。曹操から青釭の宝剣を預かる。長坂の戦いで趙雲に討たれた。演義に登場する架空の人物 

 

陳羣(ちんぐん)

字は長文。魏国の法整備に多大な功績を残した文官。九品官人法の制定で知られる

 

楊脩

字は徳祖。楊彪の子。才智に優れ、内政に従事した。曹植と仲良し。曹操の「鶏肋」という言葉を解して勝手に撤退の準備をする

 

華歆(かきん)

字は子魚。はじめ孫策孫権に仕え、後に曹操に帰順し魏の重臣となった。清廉高潔で徳のある宰相。

 

辛毗(しんぴ)

字は佐治。辛憲英、辛敞の父。はじめ袁紹に仕え、のち曹操に帰順する。魏将として歴戦に従軍した。五丈原では諸葛亮の挑発に逸る諸将を押し留め、威厳を見せる

 

 

馬鈞(ばきん)

字は徳衡。稀代の発明家。水車や投石機の改良から機械人形の製作まで、高い技術力を誇る

 

 

 

 

【所感】

程普、韓当朱然など手堅い武将が近年やっとPC化してきた。まだまだ順当に参戦できる将は多いように思われる。また丁奉、徐盛といった後期に活躍した武将も少しずつ参戦している事から、呉シナリオにも後期を描く準備が整いつつある。その要として、陸抗の参戦が待望される。

無双8でもクライマックスは司馬昭蜀漢征討にあることから、終盤の呉はフェードアウトしてしまっている。その時代の呉シナリオも描く構想があるならば、晋勢力の新武将参戦とも足並みを揃えて拡充していく必要があるが、大きな革新となるだろうからまだまだ時間は掛かりそう。

 

 

 

蒋欽(しょうきん)

字は公奕。元水賊。その武勇で長年に渡り孫呉を支えた。人望も厚い名将

 

諸葛瑾(しょかつきん)

字は子瑜。諸葛亮の兄。智略と人徳に優れ、孫呉重臣として活躍した

 

陸抗

字は幼節。陸遜の子。父に劣らぬ稀代の将帥で、晩期孫呉の支柱として歴戦を指揮した。晋の羊祜とは友達

 

朱桓

字は休穆。武勇に優れた孫呉の名将。孫権の信任も部下からの信望も厚いが、ブチギレると怖い

 

凌操

凌統の父。孫策孫権に仕える剛毅な武将であったが、黄祖との戦いで甘寧に討たれる

 

 

張昭

字は子布。智謀に長けた名参謀として孫策孫権に仕えた。孫策をして「内政は張昭、外交は周瑜に」と遺言せしめた。赤壁の戦いで降伏を勧めたおじいちゃん

 

張紘(ちょうこう)

字は子綱。張昭と共に「江東の二張」と称された賢人。おじいちゃん

 

 

呉夫人

孫堅の妻。孫策孫権の母。袁術に誘拐されたり大変な思いをしたが、子らを立派に育てた。孫権に「周瑜を兄と思うように」と遺言して赤壁の戦いを前に死去

 

呉国太(ごこくたい)

三国志演義に登場する架空の人物。呉夫人の妹で、孫堅の第二夫人。孫尚香の母。劉備の仁徳を見極め、娘との婚礼を許した

 

孫翊(そんよく)

字は叔弼。孫堅の三男で、孫策孫権の弟。兄の孫策に似て武勇に優れた。酒癖の悪さは孫権

 

徐氏

孫翊の妻。才色兼備で卜占に通じる烈女。暗殺された夫の仇討ちを心に誓う。(孫権の妻にも徐氏がいるが、別人)

 

 

孫魯班

字は大虎。孫権の娘。父の後継を巡って陰謀を画策し、讒言や暗殺を繰り返して泥沼の皇位継承争い「二宮の変」を招き、孫呉衰退の一因を生じさせたワガママお嬢様系

 

孫魯育

字は小虎。孫権の娘、孫魯班の妹。姉の陰謀により無実の罪で誅殺された。悲劇のヒロイン

 

孫皓(そんこう)

字は元宗。孫権の孫。呉の四代皇帝。粗暴で驕慢、酒色に溺れて暴政を行ったため国力は衰退し、晋の司馬炎により滅ぼされた。

 

 

虞翻(ぐほん)

字は仲翔。孫策孫権に仕えた賢人。聡明な才で、敵将を説得し度々降伏させた。ただし正論をストレートに言い過ぎるため協調性に欠け、「狂直」の異名を取る

  

朱治

字は君理。孫家三代に仕えた古参の名将。姉の子・朱然を養子に引き取り育てる。

 

呂範

字は子衡。元袁術軍の将。孫策孫権に仕え、長年に渡り武功を以って孫呉を支えた。容貌魁偉、豪胆な熱血漢

 

劉氏

呂範の妻。郷里の豪族の娘で、若く貧しい頃の呂範と婚姻を結ぶ。劉氏の父は呂範の人相を見て、これは只者でないと見抜いていた

 

潘璋(はんしょう)

字は文珪。孫権に仕えた将。関羽討伐や夷陵戦役において武功を挙げ、陸遜朱然と共に活躍した。お酒大好き

 

呂岱

字は定公。孫権の代より呉に仕え、歴戦を指揮した。九十六歳まで生きた長寿将軍

 

孫韶(そんしょう)

字は公礼。呉の皇族出身の将。徐盛、丁奉らと共に対魏戦線で活躍した。

 

 

顧雍(こよう)

字は元歎。孫呉の丞相。聡明で才智に優れ、人徳もあって皆に慕われた。お酒は一滴も飲まない

 

朱異

字は季文。朱桓の子。陸抗丁奉らと共に対魏戦線で活躍。孫権に「肝が据わった男」と評された

 

歩闡(ほせん)

字は仲思。呉将・歩隲の子。父祖伝来の領地を突如、呉帝・孫晧に召し上げられる。讒禍を恐れて反旗を翻し、晋への投降を選ぶ

 

賀斉(がせい)

字は公苗。孫策孫権に仕えた猛将。とても派手好きで、豪華絢爛な装飾を施した武具軍装を纏い敵の度肝を抜いた

 

袁姫

袁術の娘。父の没落後、孫策に保護される。品行方正で誠実な人柄だったため、孫呉の人々に受け入れられた

 

諸葛恪

字は元遜。諸葛瑾の子。諸葛亮の甥。幼少の頃より才智に優れたが、傲岸不遜な性格に難があった

 

 

陳武

字は子烈。武勇に優れる将として孫策孫権に仕えた。率いる部隊は精兵揃い。周瑜とは旧知の仲

 

留賛

字は正明。足が不自由だったが兵法を学び、凌統の推挙で孫権軍の将となる。戦う前に髪を振り乱し、大声で歌う

 

歩騭(ほしつ)

字は子山。歩闡の父。練師の親戚。度量が大きく、博学多才な将として歴戦に従軍する

 

闞沢(かんたく)

字は徳潤。聡明な博学の士。その英知で孫権の信頼も厚く、策謀と弁舌で活躍する

 

董襲

字は元代。身の丈八尺の猛将。孫策孫権に仕え、水軍を指揮して活躍した。虞翻とは親友の仲

 

全琮(ぜんそう)

字は子璜。孫魯班の夫。孫呉重臣として歴戦に従軍する。温厚恭順で謙虚な性格

 

呂拠

字は世議。呂範の子。優れた軍事的才能を持つ指揮官。丁奉らと共に対魏戦線で活躍

 

吾彦(ごげん)

字は士則。猛獣を素手で仕留めた勇猛な将。才智にも優れ、陸抗に抜擢される。孫呉滅亡の折も孤軍奮闘した

 

張悌(ちょうてい)

字は巨先。才智に長けた孫晧の軍師。晋の侵攻にも堂々と対し、孫呉への忠義を全うした

 

 

 

 

 

※個人の考えです。

誤り、抜け漏れなど御座いましたら申し訳ありません。

こんな人もいるよ!とコメントを頂けましたら、恐れながら追記などもさせて頂きたいと考えています。

 

 ②(蜀晋編)へ続く

 

【更新履歴】

・文欽、毌丘倹、王凌、何晏、夏侯玄を晋から魏に移動(2019.2/12)

・勢力毎の所感を追加(2019.2/12)

・魏に曹髦、崔氏、王経、馬遵を追加(2019.2/12)

・各武将毎の所感を一部追加(2019.2/12) 

・呉に顧雍、徐氏、孫翊、劉氏、朱異、歩闡、賀斉、袁姫、諸葛恪を追加(2019.2/13) 

・魏に曹純、夏侯恩、陳羣、楊脩、丁夫人、辛毗、華歆を追加(2019.2/15)

・呉に陳武、留賛、歩騭、闞沢、董襲、全琮、呂拠、吾彦、張悌を追加(2019.2/15) 

・魏に馬鈞を追加(2019.2/18)

三好三大天 第五話『蒼天已死』


摂津国武庫之荘(むこのしょう)。

一面の湿地帯が広がる。


戦場である。

 

 


朝靄の霧が晴れ、彼方には一向衆の旗印が翻った。


「すわ掛かれィ!」

わーっと喚声を上げ、槍を向け突撃して来たる一向門徒


三好の長兄、仁の人・長逸(ながやす)は阿波の精兵を率いてこれを迎え撃つ。


「・・・まだ、十分に引き付けよ」

木の盾を立ち並べ、三好軍は息を呑む。


「生きるは無間地獄、死ねば往生極楽」をのたまう一向衆の決死戦法は、侮れぬ。

官軍も寺軍もこれに当たって甚大な被害を出す様をよくよく見て来た。


「まともに当たるな。瀬戸際まで引き寄せ、一網打尽と致す!」


作戦参謀は三好の三弟・友通(ともみち)の策。

長逸がこれを用い、よく兵を束ねた。

 

地が震える。


目前まで迫る狂信門徒の兵らは、しかし三好軍の喉元に入るや泥濘(ぬかるみ)に足を取られ、勢いが死んだ。


「いざや、放てィ!」

一斉に三好方は盾より身を立ち上げ、弓矢、投石の限りを尽くして一向門徒に攻め掛かる。


泥と血の飛沫が舞った。

 


南無阿弥陀仏ッッ!!!」

倒れども倒れども次々と押し寄せる亡者の群れは、哀しいかな乱世の生み出した犠牲者に過ぎぬ。

これを討たねば地は治まらぬ。

されど彼らを生んだ世の悪しき乱れこそ、長逸は憎んだ。

 

 

 

 ~~~~~~~~~~~~

 

「東の陣が破られる!」

 

死兵と化したる一向衆の突撃には、侮れぬ。

 

いよいよ一端が崩れれば戦局は危うい。

そこへ三好軍の内から身の丈八尺の大丈夫が、大棍棒を担いで堂々名乗り出た。

 

三好の次兄・政勝である。

「有象無象の何するものぞ!はーーっい」

 

大音声と共に葦の如くに、敵を一擲に薙ぎ払う。

 

味方は奮い立ち、敵は恐れおののいた。

 

「持ち直したり。」

 

三弟・友通(ともみち)はよく戦況を俯瞰し、長兄・長逸(ながやす)に的確な助言を加える。

 

「さて、一向門徒は数に頼めど、ここいらが勢いの死に時でしょう」

 

武者具足に身を包む頼もしき将・長逸が傅(かしず)く先に座すのは、いまだ若干十三歳の仙熊丸、改め三好伊賀守利長。

総大将である。

 

狂気渦巻く戦場にこの少年大名はよく冷静に、沈着に座している。

 

長逸が軍配を差し出した。 

 これを手に、

「賊徒、討滅すべしっ」

利長は総攻めの下知をくだす。

 

はるばる阿波徳島より海を越え、長逸の仁の旗のもと畿内へ上陸した三好軍は甚だ精強。

総崩れとなった一向衆を散々に蹴散らし、ついには摂津武庫の地の重要拠点・越水城の奪還に成功した。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

 「奮戦、大儀である」

 

幼少の利長は傀儡ではない。

長逸は、まことの忠臣として三好家の再興に努めている。

 

「快勝。だがそも先だって和議が成ったのでないか。

兄者、どうなってやがるんでぇ」

 

武功随一番の活躍を見せた次兄・政勝は、汗と泥と返り血とを拭きながら問う。

 

「和睦した細川管領家も、石山本願寺も、もはや各地の一向一揆を抑える事が能わぬのよ。

哀しいかな、戦乱の世を終わらせるため三好の武威を以って平らげる他なし」

 

智略鋭敏、三弟・友通の戦況分析はいつだって的確である。

 

 

「蒼天已に死す、か・・・」

 

長逸は、越水城の暗い空を眺め嘆じた。

 

仁の世はまだ遠い。

 

 

 

 

三好三大天 第五話 終わり

 

 

システムアーキテクト合格体験記

 

このたび、受験しました。

以下に詳細を記します。

 

◎試験概要・出題形式

システムアーキテクト試験は、IPA情報処理推進機構)が実施する情報処理技術者試験のうちスキルレベル4に相当する、高度情報処理技術者試験の一つです。

システム開発における要件定義や仕様設計など、いわゆる上流工程に関わる知識・能力を扱う問題が出題されます。

合格率は12.6%(H30実績)。

出題形式は以下の通り。

・午前1 四肢択一式、全30問、試験時間50分。

・午前2 四肢択一式、全25問、試験時間40分。

・午後1 記述式、全4題中2題選択、試験時間90分。

・午後2 論述式(~約3,000字)、全3題中1題選択、試験時間120分。

 

 

◎受験動機

2年前、情報セキュリティスペシャリスト試験に合格した後、次はデータベースかネットワークか、あるいはプロジェクトマネージャどれか取りたいな~~くらいに漠然と思って過ごしていたら、気付いたら今回10月で午前1試験免除特権の失効危機に瀕してしまいました。

座して失効を待つわけにも行かず、追い込まれてやっと「何か受けよう」と思ったものの時は秋試験を目前とした8月。

想定していた試験区分において、秋試験の対象はネットワークスペシャリストだけでした。

 

しかし業務でもあまり縁のないネットワーク関連の出題範囲は広く深く、必要な知識量も非常に多い。

多大な労力、大変な困難を伴う上に合格する確証が全くありません。

やばい。

 

そこで白羽の矢が立ったのが、システムアーキテクト試験でした。

 

システム開発の上流工程に関わる出題内容は、調査したところ知識量を問われるというよりも文章を読解して求められる日本語を記述・論述する、いわば文系学問的な国語力が大いに役立つ方向性である事がわかりました。

文章を書くのは得意です。

 

これぞ天啓と思い、斯くして全くノーマークだったシステムアーキテクトを受験する次第となりました。

 

 

◎試験対策

 ・午前1

免除

 

・午前2

過去問4年分、全100問を覚えました。

合計3時間くらい。

不十分だったと思います。あまりやる気が起こりませんでした。

本来ならば過去9年分全て確実に覚え、手堅くしておくべきです。

(おかげであと3問落としたら不合格という瀬戸際の点数でした)

 

 

 ・午後1

過去問を2題解きました。

合計3時間くらい。

不十分です。本当にやる気が起きず、2題解いてこんな感じなのねと感覚を掴んだだけでそれ以上勉強しませんでした。

 

この午後1こそ国語力的な文章題の最たる例で、本当に、ただ問題に書かれている内容を読解して求められる答えを書くだけです。

試験を受けようと思う程度の最低限のシステム開発に関する知識があれば文章は理解できますし、それをしっかりと読み取って出題の意図さえ掴めれば、答えは当然のように導き出されてくるものだと感じました。

抽象的ですいません。

その訓練という意味で、過去問を解きまくって感覚を掴むのは大切だよねと後から思いました。

 

 

・午後2

問題を3題ほど読みました。

実際の論文は一度も書いていません。

休みの日に120分もの時間を集中して費やす程のやる気はありませんでした。

ただし問題をよく読んで、実際の試験で何をどう書いたら良いのかという想定だけは考えておきました。

プロットをまとめたりして。

合計でもせいぜい2時間程度。

 

 

 ◎試験本番

・午前1

免除

 

・午前2

ギリギリ5分前に着いてしまう。

しかも教室を間違える。

ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。

 

本年の問題は物珍しい様相を呈していたようで、確かに解きながら「見たことない問題多いな」と思いながらやってました。

危ないところでしたが、まぁ6割はギリギリ行けてたかなという感触(本当にギリギリだった)。

 

 

・午後1

何の障壁もなく、ごく自然に解けたと思います。

問題をよく読んで求められる答えを書くだけの簡単なお仕事。

 

 

・午後2

初めての論述がいきなり本番でした。

皆さんおっしゃる通り120分集中して約3,000字の論述に肩はバキバキ、指は吊りそうな有り様です。

 

今回、とても良問でした。

「パッケージ導入」に関する題があって、自身の経験上ドンピシャの業務だったので迷わず選択。

 

あとは求められる内容、すなわち①②③各問題文の要旨に沿って、考えられる答えをいかにもそれっぽく具体的に書き連ねていきました。

具体的に自身が経験した業務を素直に書く事を意識しました。

論述の具体性が採点基準に含まれるためです。

 

結果として、SEとして3年程度の大した事は全然していない経験に見合った、内容としては実に大した事していない(テーブル定義を変更したとか列名を変更したとか、本当にそれでいいの!?というくらい些末な)内容となりましたが、それでも論旨が問題に合っていればチャンスがあるはずと頑張って書きました。

最後までしっかりと書き終える事が大切です。

 

妄想を膨らませて有りもしない経験を壮大にでっち上げる手法もあるかと存じますが、いかにしょぼい中身でも実際に経験した、地に足ついた内容に徹した事が今回功を奏したのでないかと思います。

 

 

◎まとめ

総じて事前にやる気が無かったので、合計勉強時間は多く見ても8時間程度です。

それでも一発合格する事が出来ました。

ネットワークスペシャリストでは絶対に不可能な勉強時間だったと思います。

システムアーキテクトには、夢がある。

あまり参考になる記事では無かったと思いますが、このように杜撰な対策でも合格する事があるのだなぁという一例に思って頂けたらと思います。

 大丈夫!

 

 

『弁』 第二話

 

 

北方の大国・燕。

 

東に遼東・朝鮮、渤海を囲んで南は易水へ至る。

しかし国土の南方には秦に次ぐ強国・斉が鎮座し、虎視眈々とその領地を狙い奪っては抗争が絶えない。

ましてや西には三晋(※韓、魏、趙の三国)を敵に回し、その先に強豪国・秦の脅威が差し迫る。

 

燕の国主・文公は、この逼迫した状況に悩んでいた。

 

 

蘇秦は、そこに付け込んだ。

 

「お願いします、どうかお願い致します」

 

賄賂を渡して周到に高官に取り入り、ついには、朝議の場で文公に謁見する栄誉を授かる。

 

口先の魔術師。

その場しのぎの、天才。

 

縦横家蘇秦の本領が発揮されようとしていた。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

恭しく拱手し、遜(へりくだ)り立派な口上を述べる蘇秦

国土統治の徳を褒め讃え、文公の御機嫌を取った。

 

「過分な賛辞、恐れ入る。

しかしこうも見事に言葉巧みに褒められては、面映ゆいものよ」

 

文公は意気揚々だ。

 

 

「では先生、本題を。

我が国が取るべき施策を、御教授願いたい」

 

機を得たり。

 

すると一転、蘇秦は、けたたましく畳み掛けるよう声を高くした。

燕国の窮状を鋭く指摘し、満場への危機感を喚起せしむ。

 

深刻である。

 

それでいて嫌味は無い。

親身になって国難を嘆いた。

 

 

朝議の場は、完全に蘇秦の弁に呑まれている。

 

 

「秦の脅威は四海に轟き、今や天下はその暴勢にひれ伏さんという時!

だのに六雄は各々微々たる領地を奪い合い、いたずらに国力を疲弊させています。

これ六国に益なく、ただ秦に利、あり!」

 

尤(もっと)もである。

 

居並ぶ文武百官には大きく頷く者もある。

蘇秦はそれを横目に、さらに激しく畳み掛ける。

 

「文公の仁徳は燕国に厚く広がり、国土の団結は一致、軍はお強い!

座して蛮夷の国をのさばらせるが覇者の王道か、否!

自ずから天下に秩序を布くべきではござらぬか!」

 

悔しくも国を取り巻く窮状に、ただ押し黙るしかなかった諸官諸将の心底を、よくぞ高々と代弁してみせた。

 

満場が蘇秦に賛同した。

その熱烈な弁に心打たれた。

 

「だが御安心召されよ!

救国の秘策を、公にお授け致す」

 

 蘇秦は、ここに一世一代の奇策を披露する。

 

 

「燕が要となり、斉・韓・魏・趙・楚との大同盟を築くのです。

 

六国の全軍を一つに統べ、秦の脅威に対抗する。

称して、大合従軍!」

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~

 


荒唐無稽である。

 

五百年の戦乱が打ち続き、複雑な利害関係を有する六大国をまとめ上げるなどとても現実的ではない。

 

本来ならば、そうである。

 

しかし朝議の場は圧巻に呑まれた。

 

 

蘇秦の卓越した弁説が、この無謀な絵空事をあたかも秘儀・救国の大謀略だと諸人に思わせた。

 

 

 「なんと大胆なる構想か!驚いたぞ」

 

文武百官は息を呑む。

議場に疑問の余地を挟ませず、蘇秦はまくし立てた。

「六国の利害は一致しています。

燕国が要として同盟を提唱すれば、諸国は機を待っていたとばかりに食らい付きましょう」

 

だが、本当に可能か。

諸官にはまだ不安がある。

 

「手始めに、長年の敵国・趙に赴き、私が盟約の証を取り付けて参ります」

 

蘇秦は文公に跪(ひざまず)き、絶対の自信を伺わせた。

 

「しかし」

 

憂国のあまり老臣が口を挟む。

 

蘇秦は、大喝した。

 

「むしろ鶏口となろうと、牛後となる無かれッ!!※1」

(※1.例え小さな鶏といえ、その先駆となる事に価値がある。例え大きな牛といえ、その末尾に付くのでは価値が無い。)

 

六ヶ国合従軍の総帥となるか。

それとも蛮国・秦の配下に成り下がり、亡国を甘んじて受けるのか。

 

こういう意味である。

 

 

文公を始め、燕国の諸官諸将は悉(ことごと)く、蘇秦の弁舌に敬服した。

 

「しからば、頼む」

 

斯くして蘇秦は燕国の主・文公の信任を得、六ヶ国合従軍の提携という大役を仰せつかった。

 

恭しく拱手し、蘇秦は成功を確約して座を辞した。

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「はっ!はははっははっ!

やった!やったぞ」

 

街へ出て、蘇秦は躍った。 

 

「ははは、は、偉いことだ。

偉いことになった・・・!」

 

齢三十何年、一代にして未曾有の好機を掴み取った。

 

舌先三寸の魔術である。

 

 

「落ち着け、落ち着くのだ。

斯くなる上はやるのみ、やるのみぞ」

 

蘇秦は大きく息を吸い込み、吐き、興奮に躍る頭の中を整理した。

 

「勝算はある。

趙国は、趙に関しては確実に、燕との同盟を欲しておる。

まずは、まずはここから」

 

 

実の如く虚を語り、而して、虚を実と成す。

 

己が口先を頼みに乱世を駆ける、縦横家蘇秦の大志はここから始まる。

 

 

 

 

 

続く