徐晃伝 十四『白馬強襲』

 

※この物語はフィクションです。

 

 

徐晃は良く兵を率いて戦った。

 

袁紹軍の動きを見極め、右翼に敵の勢いあればこれを受け流し、左翼に敵が浮き足立てばこれを苛烈に攻め立てた。

兵を手足の如く動かす徐晃の采配は見事であった。

 

敵将・顔良も奮戦するが、この白馬の戦場に引きずり出された時点で軍師・荀攸の術中である。

 

陣形に一瞬の動揺が起きた。

 

徐晃はこの隙を見逃さない。

 


関羽殿、今でござる!」

 

「承知!」

 

長柄の偃月刀を翻し関羽は、袁紹軍の戦列を突っ切って顔良の眼前に迫る。


青龍が唸るかの如く空気を劈(つんざ)き、一刀の下に斬り伏せた。

 


「敵将・顔良、関雲長が討ち取ったり!」

 

 敵兵の動揺、自軍の士気の勢いを最大限に活かすは将たる徐晃の手腕。



大勢は決した。




徐晃軍は初戦を制し、白馬の要衝を勝ち取った。

 

 



徐晃伝   十四   終わり