徐晃伝 一『友』


※この物語はフィクションです。

 

姓は徐、名は晃。字(あざな)は公明。

司隷河東郡楊県の人。

 

父は真面目で廉直な地方役人、母はおおらかで優しく、妹もいた。

晃はこの家庭に生まれ幼少期を育った。

 

晃は近所の悪童どもを率いて、喧嘩して街中を駆け回った。

妹を守る優しさもあり、悪童ながらに慕われた。

 

だが一本気向う見ずな所があって生傷が絶えず、よく勝ち目のない年長の子に挑んでは負けて、外では泣かず、ぐっと堪えた分家では泣き、母に慰められることが多々あった。

 

見かねた父は、晃が字を読み書きできる歳になって、書を与えた。

「公明。お前は戦というものを知らぬ。

ただ闇雲に攻めるだけでなく、迂直之計がある事を知れ」

 

父は官位こそ低かったが高潔な志があり、

また軍馬の素養を学問に磨いていた。

 

晃は書を読み、兵法を学んだ。

この頃兵法書といえば、孫呉の武である。

(※孫呉の武=古の兵家、孫子呉子。)

 

・・・まだよくわからなかった。

 「父上。武を極めた孫呉ですら、
どうしてウ直の計を用いるのですか?」


父は聡明で、

「公明、戦わずして勝つのが最も善い。

善く待ち、武を磨き、機を得て勝つのが真の戦上手よ」

と教えた。

 

「・・・父上、拙者にはよくわかりませぬ」

「いずれ、わかる」

 

しかしそれから、徐晃の喧嘩の仕方は少し変わった。

 

 

~~~~~~~~~~~~


腕っぷし逞(たくま)しい少年に育って、徐晃は学問も塾に学んだ。

しかし何より身体を動かし木を振り回して、鍛錬に励むのが好きだった。


「お師さま。学問に極みを目指すように、拙者は武門に頂きを見出しとうござる」

 

師は教えた。

「公明よ、お前は賢い。

学も武も、よく人に学び、頂を目指し修練に励むが良い。」

徐晃は伸び伸びと学び、廉直に武を磨いた。

 

しかし同年代の子供たちには、幼くして備わる徐晃の崇高な志はわからなかった。

よって彼は人に話さず己に内省し、ひたすら一人鍛錬に励んだ。

徐晃の、孤高にしてひたすら己の研鑽に励む在り方は、この時から培われたであろう。

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

姓は満、名は寵。字は伯寧。

徐晃とは、同い年である。

 

変わった子供で、親の都合で街に引っ越してきたが、

他の子とはつるまず、家の庭先で何やらおかしな仕掛けを作って一人遊んでいた。

 

奇妙なよそ者と街の少年らがからかいに来るが、満寵が子供ながらに仕掛けた上手な罠に掛かって、喧嘩という喧嘩にはさせてくれない。

「卑怯だぞ!」「臆病者!」

泥水を被った小僧どもは口々に満寵を罵った。

 

しかし、徐晃だけは違った。

「このような罠に掛かったは拙者の未熟。
…まだまだ修行が足りぬという事か」

 

後日、徐晃は一人で満寵を訪ねた。

己にはない才覚を、彼に見出したからである。

 

声を上げ庭先に入ろうとすると、足元に縄が張ってある。

近所の悪童共もそこかしこに張られた罠に痛い目を見て、近寄らなくなったのは頷ける。

 

しかし同じような手を二度は食わぬと、徐晃は縄を跨いで門をくぐるが足元に気を取られたため、頭上の仕掛けに気付かなかった。

コツンと紐が放たれ、バシャッと桶の水が頭から掛かる。

 

こっそりと覗き込む満寵の姿に、頭からびしょ濡れの徐晃が叫ぶ。

 

「満寵殿!貴公の策は見事でござる。

その武略、どうか拙者に御教授願いたい!」

 

思わぬ言葉に満寵は目を丸くして驚いたが、やがて、ははっ、と笑い警戒を解いた。

「…変わった御仁だ。」

 

二人は語り合い、交誼を結んだ。

満寵は自分の発想で仕掛けを作り出し、それに驚く人の顔を見るのが楽しいと。

徐晃は己の武を磨き上げ、いずれ至るべき頂を見たいと。


やがてすっかり意気投合した二人に、周りの子供らは不思議がった。

誰もが一目置く実直な徐晃と、奇妙な仕掛けを作って楽しむ満寵とが、すっかり仲良くなってしまったからである。

 

 

~~~~~~~~~~~~


悠久の中国大陸。

広い草原に夕陽が落ちて、徐晃と満寵は街外れの石垣に腰掛け、語り合った。


やがて徐晃は、親しみを込めてこう言った。

「満寵殿。拙者と貴公とは、物の考えも己の在り方もまるで違うが、

しかし拙者は最も己を知る者を得た気がいたす。」

 

満寵は応えた。

「ははっ、私の方こそ、これほど自分の事を誰かに話して、
分かってもらえたのは初めてだよ、徐晃殿。

…私達は、善き友になれたという事かな」

 

「…友?

そうでござるか。これが、友」


 
しかし時は、後漢末期。


乱世である。

 


折しも太平道の教祖・張角冀州に立ち、賊徒蜂起は各地に広まった。

満寵は家族に連れられ、徐晃の街を去った。

 

 

後に二人は再会する事になるが、それはまたずっと先の話である。

 

 

 徐晃伝 一 終わり